忍者ブログ
浪費癖で借金をつくり、闇金にも出を出し、知り合った女性から金を借りて返さない。そんな最低男の生き様を書いています。全部自分が悪いのです。残された人生全うに生きようと心に誓っています。


[24]  [23]  [22]  [21]  [20]  [19]  [18]  [17]  [16]  [15]  [14
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

何年か前の話ですが、私がよく通っていたクラブの女の子が「姉がスナックを出すので顔を出してほしい」と頼まれ友人とそのお店に行きました。
このころは消費者金融に借金はあったものの経費を多く使うことが出来たので会社の金でよく飲みに行っていました。 借金は遅れなく払っていました。

店内にはいり席に座るとママが挨拶にきて私の横に座りました。背が高く色白で脚がきれいで美人でしたが少し落ち着きがないような感じの人でした。
しかし、話も上手で楽しませてくれたのでそれから2回くらいお店に行きました。

ある日遅い時間に友人とそのお店に行き、盛り上がっていたのですが友人がトイレに行ったときママが「きょう帰りに一緒にご飯食べない?」とアフターのお誘いを受けました。
いい女なので当然OKを出し、お店が終わっておすし屋さんで待っていたら彼女は豹柄のドレスのままやってきました。
お店の中に客としてきている男達が連れているアフターの女性の中でも群を抜いてきれいだったので少し優越感に浸っていました(馬鹿だね~)

食事が終わって道でタクシーに乗ろうと歩き始めた時「ねー 一緒に帰ろうよ」と甘えた声を出しながら私の腕にしがみついてきました。
「一緒に帰りましょう!」と言うので 「なんで?」とわざと聞いてやりました。
すると彼女は「前からあなたと長時間お話したかったの。いいでしょう?」と言ったのだが、私はどうせ営業のためだろうからここは一緒にいないほうがいいのかな?と考えました。そしてわざと「まだ一緒にいたいけど今日はお金を全部使ったので宿泊代もないよ 帰ろう」と言ってみました。
すると彼女は「私が出すからいい」と私の腕をグィッと持ち目的地まで歩いていきました。

35歳とは思えないほど肌はきれいな方でした。
「なにか魂胆があるのでは?」と考えながらもついつい・・・

それから1ヶ月たってもなんのわがままも言ってこないし、頼みごともしてこない。
考えすぎかな?と思っていたところ彼女から電話がありました。
つづく
ヤミ金、詐欺に遭われている方参考にどうぞ  http://yaminakuse.iaigiri.com/
 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
これはすごいものを見つけました!
↑どうぞ見るだけならもちろん無料ですから覘いてみてください。 これは本当にすごいですよ!自分であちこちに登録するのは面倒ですけど、 最初に少し気合入れて稼げる「...
URL 2007/10/13(Sat)22:20:44
借金参考
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
バーコード
最新コメント
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
>